ニンテンドーニュース速報

ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)や、任天堂製品・ゲーム業界の情報を扱うまとめサイトです。 また、スイッチ向けのインディーズ情報や「海外eShop」の情報も多めに、速報としてご紹介します。

ヘッドライン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん必死だな 2018/01/03(水) 22:45:54.49 ID:pfX1I3h2M

    no title

    【【速報】ポケモン1、ポケモン0なる物が商標登録】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/ghard/1514937691/

    1: 名無しさん必死だな 2018/01/03(水) 09:01:31.98 ID:B9vUaNRR0



    これ本当に凄くね?
    ソフトが少ないから売れるとか言ってる人いるけど、それだけでこんなに売れないだろ
    他のハードとそんなに違うのかね

    『ワンダーボーイ ドラゴンの罠』   
    PS4/XboxOne/PC版の合計より売れる 10万DL突破
    『forma.8』                
    PS4/Vita/WiiU/XboxOne/Steam版の合計より売れる
    『Death Squared』           
    PS4/Xbox One/PC版の合計より売れる(発売から3日で) 、クリスマス期間中に売上が5倍に伸びる
    『オーシャンホーン』          
    PS4/Vita/XboxOne/PC版の合計より売れる
    『Has-Been Heroes』         
    スイッチ版の売上「非常に良い」
    『Mr. Shifty』              
    他機種版より多く売れる
    『Phantom Trigger』          
    他機種版より多く売れる
    『GoNNER』               
    PC版の2倍多く売れる
    『Kingdom: New Lands』       
    Xbox One版が1年間で出した数字と同等(販売から半月で)
    『SteamWorld Dig 2』         
    「間違いではないかと思った」ほど売れる スチーム版の10倍の売上 発売から2ヶ月で推定20~30万DL
    『Golf Story』              
    『SteamWorld Dig 2』の売上を2日で超え、北米のEショップランキング1位に
    『ショベルナイト』            
    3年遅れにもかかわらずスイッチ版が最も売れる(推定40万本以上)、北米の年間ランキング19位
    『スタデューバレー』          
    世界各国のEショップランキング1位を総なめ  北米の年間ランキング9位
    『Axiom Verge』             
    初日売上が非常に好調と開発者が報告
    『NeuroVoider』             
    スイッチ版1ヶ月分売上 > スチーム版18か月分売上を記録
    『The Flame in the Flood』      
    初日売上が他機種の初日売上合計を超える
    『Blossom Tales』           
    発売初日でスチーム版の売上を超える
    『INVERSUS Deluxe』         
    発売から10週間でスチーム版の売上を超える、PS4版の売上にも迫る勢い
    『オーバークック』           
    北米の週間Eショップランキングで常に10位以上をキープ 国内でも上位に 北米の年間ランキング19位
    『The Binding of Isaac: Afterbirth+』 
    北米のEショップ年間ランキング17位 ショベルナイトやオーバークックより売れる
    『神巫女』                
    16万DL突破
    『VOEZ』                 
    5万DL&パッケージ化決定
    『ブラスターマスター0』        
    11万DL突破
    『アケアカ』シリーズ          
    累計20万DL突破
    『キャットクエスト』           
    スイッチ版の売上がスチーム版やスマホ版を超える
    『ロケットリーグ』            
    欧米のEショップランキングで軒並み1位 欧州ではマリオデよりDLされる
    『Enter the Gungeon』         
    発売から2週間で7.5万本売れる
    『Brawlout』               
    発売から2週間で5万本売れる
    『OPUS 地球計画』          
    売れ行きが好調なため続編の配信が決定


    【【まとめ】スイッチのインディーゲー成功例書いてみたけど、多すぎてワロタw  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    tatsumi-kimishima-1

    1: 名無しさん必死だな 2017/12/29(金) 08:13:35.31 ID:vI8I/OgF0



    任天堂スイッチは過去のどの電化製品と比べても
    融通が利き、柔軟性の強い商品だ。
    基本的なハード性能が他のゲーム機に比べ弱かったとしても
    異なる使い方を可能にすることで、性能を補って余りある魅力が存在している。

    またスイッチには様々な興味深い技術も詰め込まれていた。
    そしてどうやら、そういった新技術を活用したゲームソフトが
    来年のスイッチには大挙して現れそうなのである。

    報道陣との対談に応じた任天堂の君島達己社長が来年のスイッチには
    モーションIRカメラ、HD振動、モーションコントロールといった
    この兼用機独自の技術を働かせたソフトが多く発売されるだろうと発言したからだ。

    勿論、これは全てのスイッチソフトに
    適用されているわけではない、という点には注意が必要だ。
    だが任天堂が少なくとも、幾つかのソフトに
    スイッチ独自の機能を詰め込んだ「新しい遊び方」を提示したソフトを
    発売する気でいるのは間違いないだろう。

    私はスイッチがここまで強い攻勢に出ているのは
    ゼルダ、マリオ、スプラトゥーンといったコア層に
    訴えかけるソフトに支えられてきた事を見失わないように願いたい。

    もっとも今後の発売予定ソフトに
    ファイアーエムブレム、メトロイドプライム4、ポケットモンスター新作が
    用意されているのを踏まえれば、私の心配は杞憂に終わるに違いないだろう。
    https://gamingbolt.com/upcoming-nintendo-switch-games-will-leverage-the-hardwares-potential-and-capabilities-nintendo-president-says


    【君島社長「来年のSwitchには幾つかの大型新規IPを用意している」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    BrawloutFeature

    1: 名無しさん必死だな 2017/12/19(火) 10:30:05.72 ID:BmJR/FVxr



    Brawlout Nintendo Switch Launch Trailer
    https://youtu.be/Pbg1DMRdMos


    スマブラのパクリかよ


    【Nintendo switchにスマブラっぽい格闘ゲーム「Brawlout」配信!】の続きを読む

    このページのトップヘ