Nintendo Switch『零 ~月蝕の仮面~』のリマスター版の発売日がついに決定!

Nintendo Switch『零 ~月蝕の仮面~』のリマスター版の発売日がついに決定!

10月末に、ジャパニーズホラーアドベンチャー『零 ~月蝕の仮面~』のリマスター版が、2023年3月9日に発売されることが発表されましたね!ホラゲーとギャンブルが三度のご飯より大好きな筆者にとって待ちに待った発表でした。

ちなみにギャンブルでは今年5月にオープンしたばかりの新しいオンラインカジノ『テッドベットカジノ(TedBet Casino)』にハマり中です。カジノゲームもスポーツベッティングも両方遊べちゃうよ。本題のホラゲーに戻してっと…。

『零 ~月蝕の仮面~』のリマスター版のプラットフォームは、Nintendo Switch / PS5 / PS4 / Xbox Series X|S / Xbox One / PCとマルチプラットフォームです。2023年初頭発売と発表されていた本作。やっと具体的な発売日が決まっってくれたという感じです。新しいトレーラーも公開され、視聴回数にかなり貢献しちゃってます。この記事では零シリーズについて、ネタバレなしで魅力をざっくり説明していこうと思います。

零シリーズとは?

ジャパニーズホラーゲームの金字塔のひとつと言われる零シリーズ。2001年にテクモより第1作目の「零 zero」が発売されて今年で21年。

『零 紅い蝶』『零 -刺青ノ聲-』『零 月蝕の仮面』『心霊カメラ 〜憑いてる手帳〜』(スピンオフ)『零 濡鴉ノ巫女』とシリーズ作品はスピンオフ作品も含め全6作品となっています。

零シリーズの特徴

このシリーズの最大の特徴は、武器を持って戦うのでなく、敵に見つからないように逃げ回るのでもなく、「射影機」と呼ばれるシリーズ全作共通のメインアイテムになっているカメラに、写すことでストーリーが進む点です。

「射影機」は幽霊などのありえないものを写し出せる特殊なカメラであり、「その姿を撮影する」という手段によって死者の想いに触れたり、声なき声を聞き取ることが出来るほか、「過去を写す」「呪縛を解く」といった機能もあるため、ストーリーの謎を解くのに必要不可欠な役目を担うものでもあります。この昨日のおかげでドキドキなスリルと恐怖が味わえるのです。

歴代Nintendoでプレイできる零シリーズ

『零 月蝕の仮面』

  • 対応機種:Wii、Wii U(後方互換)
  • 開発元:テクモ / グラスホッパー・マニファクチュア
  • 発売元:任天堂
  • 発売日:2008年7月
  • CERO:C / 15才以上対象

概要:零シリーズ4作品目にして「テクモ×任天堂プロジェクト」の第1弾タイトル。別売の周辺機器が必要ですが後継機のWii Uでもプレイ可能でした。ヌンチャク対応で、とにかく動きがリアルなこともあり、かなりの恐怖を体感できる作品でした。ただし、かなりのバグが発生しておりそちらでも注目を集めていました。

『零 眞紅の蝶』

  • 対応機種:Wii、Wii U(後方互換)
  • 開発元:コーエーテクモゲームス
  • 発売元:任天堂
  • 発売日:2012年6月
  • CERO:C / 15才以上対象

零シリーズ2作品目の『紅い蝶』2回目のリメイク版でありフロントビュー視点とWiiリモコン&ヌンチャクを用いた操作系で再開発した作品です。新たなマルチエンディング・強化レンズなどの追加要素も盛りだくさんでした。

『心霊カメラ 〜憑いてる手帳〜』

  • 対応機種:ニンテンドー3DS / ニンテンドー3DS LL / Newニンテンドー3DS / Newニンテンドー3DS LL
  • 開発元:コーエーテクモゲームス
  • 発売元:任天堂
  • 発売日:2012年1月
  • CERO:B / 12才以上対象

零シリーズの第5作目。AR技術やジャイロセンサーといった3DS本体の特徴を駆使した新しいホラーゲームで、スピンオフ作品。3DSだからこその恐怖体験が3つのモードで楽しめました。

『零 濡鴉ノ巫女』

  • 対応機種:Wii U
  • 開発元:コーエーテクモゲームス
  • 発売元:任天堂
  • 発売日:2014年9月
  • CERO:D / 17才以上対象

零シリーズの第6作目で、ストーリーは全16+4章。ストーリーに厚みがあり、どっぷり疲れます。6作目にもかかわらず、新たな恐怖に出会える作品でした。

『零 濡鴉ノ巫女 リマスター』

  • 対応機種:Nintendo Switch
  • 開発元:コーエーテクモゲームス
  • 発売元:コーエーテクモゲームス
  • 発売日:2021年10月28日
  • CERO:D / 17才以上対象

同名作品のリマスター版が、Nintendo Switchに登場。Switch版では携帯モードのジャイロ機能によって操作が他のプラットフォームに比べ、さらに体感的なものとなっています。また2022年3月の時点の日本国内とアジア圏で高セールスを記録した作品です。

零シリーズの影響

この零シリーズは海外でもとても評価が高く、零から強く影響を受けたホラーゲームが開発、販売されているくらいなんです。その中でも、日本でも話題になったインドネシア産のホラーゲーム『Dread Out』は、この零シリーズの影響を受けた開発者が制作しており、「この『DreadOut』は、いわば『零』シリーズへの私達からのラブレターと思ってくれても構いません」と開発者が零シリーズに対して、ラブコールコメントを寄せていました。

まとめ

ジャパニーズホラー『零 ~月蝕の仮面~』のリマスター版発売日決定ということで、ざっくり零シリーズについて説明しましたがいかがでしたか?まだプレイした事の無い方で興味を持った方は、是非プレイしてみてください!部屋を暗くしてヘッドホン着用でのプレイを強くおすすめします。

本日のおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です