ニンテンドーニュース速報

ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)や、任天堂製品・ゲーム業界の情報を扱うまとめサイトです。 また、スイッチ向けのインディーズ情報や「海外eShop」の情報も多めに、速報としてご紹介します。

    ゼルダの伝説

    sns
    1: NO NAME@ニンテンドーニュース速報 2020/01/20(月) 17:25:44.94 ID:9yP7jYj70
    『ゼルダの伝説BotW』をプレイしたい指が不自由な娘へ…父親が特製コントローラーをプレゼント

    イギリス・ジャージー島在住のRory Steelさんは、娘のAvaさんに特製のコントローラーをプレゼントしました。

    プレゼントしたのは、『ゼルダの伝説BotW』用のコントローラー。
    マイクロソフトの「Xbox Adaptive Controller」を基に、週末を使って制作したとのこと。
    中央に大きめのスティックが2本と、それを取り囲むように光るボタンが16個のボタンが配置されています。

    少々奇抜にも見えるこのコントローラーですが、贈られた娘のAvaさんはとても喜んでいる様子です。
    というのも、生まれつき運動機能に障害を抱えているAvaさんにとって、普通のコントローラーで同作をプレイするのは至難の業。
    この「アクセシビリティコントローラー」なら思い通りにプレイできます。
    https://www.gamespark.jp/article/2020/01/20/96114.html


    引用元: http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1579508744/

    【「ゼルダの伝説」をプレイしたい手が不自由な娘へ、父親が特製コンをプレゼント】の続きを読む

    Main-Day
    1: NO NAME@ニンテンドーニュース速報 2020/01/19(日) 12:20:11.92 ID:484gCArc9
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/19/0013046275.shtml
    2020.01.19

    ダウンタウンの松本人志(56)が19日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、子供のゲーム時間を規制しようとする香川県議会の条例素案に異議を唱えた。

    10日に開かれた香川県議会の検討委員会では、子供がインターネットやオンラインゲーム依存症になるのを防ぐための「依存症につながるようなスマートフォンの使用」を1日60分までとする条例素案が示された。

    松本は「ゲームの種類にもよりますよね。テトリスみたいなのを延々ずーっとやってんのは確かにアレかなと思うんですよ。でもね、『ゼルダの伝説』みたいなのはさ、1時間ぐらいでは伝説になれへんからね。アレも最後までクリアした思い出というか、絶対大事だし、寝る間も惜しんでやる時期っていうのは、あってもいいのかなと思いますね」と、ゲームの意義を主張。

    「こういう条例をなんとかクリアしてもらいたいですよね」と、ジョークを交えて規制に異議を唱えていた。

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579404011/

    【松本人志氏、ゲーム規制条例素案に異議「『ゼルダの伝説』みたいなのは…寝る間も惜しんでやる時期はあっていい」】の続きを読む

    zelda-first-famicon
    1: NO NAME@ニンテンドーニュース速報 2019/12/28(土) 22:16:14.13 ID:iZdIv1xu0
    やっぱムジュラよな

    引用元: http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1577538974/

    【「ゼルダの伝説シリーズで一番好きなタイトルは???」←最も"わかってる”感のある回答は?】の続きを読む

    Gold-lynel-artwork
    1: NO NAME@ニンテンドーニュース速報 2019/12/22(日) 22:18:42.97 ID:hZN5jmD2a
    なぜ外面切りだの兜割りだの居合を無くしたのか分からない
    これがあることで戦闘が単調になんないのにな

    特にとどめよ。最後のあのモーションが超絶カッコよかったのに…

    よく戦闘絶賛されてるけど

    引用元: http://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1577020722/

    【「ゼルダ BotW」の戦闘って言うほど面白かったか?】の続きを読む

    このページのトップヘ